next up previous contents
Next: 4. 構造体の配列 Up: 18. 構造体 II Previous: 2. メンバーとポインタ

3. ポインタのメンバー

構造体へのポインタが分かったところで、構造体自身にポインタが含まれている 場合について考えてみよう。


例 5
       struct xPen {
             char *color;
             int  hutosa;
       };
       main(){
             struct xPen pen;
             init(&pen);
       }
       init( struct xPen *ppen){
             ppen->color = "black";
             ppen->hutosa= 5;
       }

例 5 では、例 3 とは違い、構造体の定義自体が少し変更されており、文字型ではなく 文字型へのポインタがメンバーになっている。つまり、構造体 xPen は、文字列 へのポインタをメンバーに持っているのである。

\begin{figure}
\begin{center}
\epsfile{file=19fig2}\end{center}\end{figure}



Noriyo Kanayama 平成14年11月26日