next up previous contents
Next: 5. その他 Up: 2. ストリーム入出力 Previous: 3. 一行の読み書き

4. 書式付きの読み書き

標準出力への書式付きの書き込み関数 printf() と同じことをストリームに対して行う fprintf() があります。 同時に、scanf() に対する fscanf()もありますが、 以前に学習したように scanf(), fscanf() の使用は好ましくありません。 fgets()sscanf()を組み合わせて利用するのが良いでしょう。


    int fprintf( FILE *fp, char *format, arg1, ... );

fprintf()printf()と同じで、違いはストリーム fp を 指定することだけです。



Noriyo Kanayama 平成14年11月26日