next up previous contents
Next: 3. 課題 23 Up: 2. ストリーム入出力 Previous: 4. 書式付きの読み書き

5. その他

この他にも、高レベル入出力関数には、バイナリデータの読み書きをサポートする fread(), fwrite() や、カレントポジションの取得・変更などに 用いる fseek(),ftell(),rewind(),fgetpos(), fsetpos()などの関数、先に少し紹介したエラーの取得やEOF状態の ための ferror(),feof()など、多数の関数が用意されていますが、 取り敢えずは以上の事を理解していれば良いでしょう。詳しくは、参考書、 マニュアルを参照してください。



Noriyo Kanayama 平成14年11月26日