next up previous contents
Next: 4. ポインタ変数と引数 Up: 13. 関数 III Previous: 2. 関数の宣言

3. 返り値または引数を持たない関数

前の節の例で出てきた次のような宣言を考えよう。


                test1();

この関数宣言は、整数型の関数 test1 を宣言しているが、引数の宣言を何もしていな い。このような場合、引数なしとして扱われるのではなく、引数の検査をしないという 意味になる。従って、このような宣言は、文法上は許されるが、実際にはしないほうが 良い。引数がない関数を宣言したい時には、次のように宣言する。


                test1( void );

次に、この例では、関数の型を省略しているために、関数の型は整数になっている。 しかし、返り値がない関数を宣言したい場合にはどうするかというと、この場合も void を用いる。


                void  test1( void );

これで、引数なし、返り値もない関数が宣言できる。



Noriyo Kanayama 平成14年11月26日