next up previous contents
Next: 3. ソースプログラムの書き方 Up: 4. 制御構造1 繰り返し(for文) Previous: 1. for 文の書式

2. 括弧の対応関係 -- vi の便利なコマンド

c 言語では、括弧(特に中括弧 $\{ \}$)の対応関係は重要である。これが、 間違っていると、コンパイラは殆ど解釈不可能の状態に陥る。また、括弧の 数はあっていても、場所が違うと思わぬバグが生じる。従って、括弧の対応関係 や位置が判読しやすいようにソースコードを書くことが非常に重要になってくる。 どのようなソースコードの書き方が良いかについては、次のセクションで述べるが、 括弧の対応関係をプログラムを書いている最中や、書いた後で参照したい場合も ままある。これを目で探していると非常に骨が折れるので、大抵のエディタには これを探すコマンドが用意されている。 vi で、対応する括弧を探すためには、コマンドモードにおいて、$\{$ または $\}$ の上にカーソルをおいて % キーを押せば良い。$\{$ にカーソルがあるときは、 対応する $\}$ にカーソルが移動する。また、$\}$ にカーソルがあるときは、逆に、 $\{$ にカーソルが移動する。対応する括弧がない場合は、ビープ音を発して、注意を 喚起するようになっている。(勿論、その他の括弧 [ ] ( ) でも有効である。)

また、括弧閉じる( $\}$ または ) )を打ったときに、常に対応する括弧を明示して くれるように vi のモードを設定することも出来る。このためには、ex モードで :set sm または、:set showmatch と打てば良い。 こうしておくと、入力の最中に括弧 閉じるを打つと一瞬だけ括弧の始まりにカーソルが移動し、その後再び括弧 閉じるの後ろにカーソルが戻る。これは、あくまでも注意を喚起するためにカーソルが 移動するだけなので、入力は通常どおりに行なわれる。



Noriyo Kanayama