next up previous contents
Next: 19.4 文字列の読み込み Up: 19. 構造体 I Previous: 19.2 演算

19.3 初期化

構造体は、常に初期化を変数確保と同時に行う事ができる。 初期化には、配列の ときと同じ構文を用いる。

例 9 
        struct  point{
            float x;
            float y;
        };
        struct point p1 = { 0.0, 0.0 };

例 10
        struct  pen{
            char color;
            int  hutosa;
        };
        struct point pen1 = { 'b' , 2 };

但し、対応する型に応じた形式で初期化しなければならない点に注意しよう。

例 11
        struct  pen{
            char color[10];
            int  hutosa;
        } pen1 = { "black" , 2 };

また、例 11 のように構造体の宣言、確保、初期化を同時に行うことも出来る。



Noriyo Kanayama