next up previous contents
Next: 29.4 クラス Up: 29. C++とクラス Previous: 29.2 メンバ関数

29.3 オブジェクトの利用

クラスから具体的に作られたオブジェクトは、構造体と同じようにメンバに アクセスすることで利用できます。メンバへのアクセスについては 選択演算子. を用いるか、ポインタに対して用いられる -> を用いることが出来ます。 下の例では、a はオブジェクト自体ですのでそのメンバ関数へのアクセスは . を用いて行っています。一方、p はオブジェクトへのポインタですの で、メンバ関数へのアクセスは -> を用いて行います。

      Point a;
      a.setPoint(0,0);
      Point * p = new Point();
      p->setPoint(0,0);



Noriyo Kanayama