next up previous contents
Next: 6.1 論理演算 Up: C 言語 Previous: 5.4 課題5

6. 制御構造と論理演算

これまで制御構造については if 文と for 文を習ったが、いずれも条件が 真であるか又は偽であるかが重要な点であった。ところが、条件そのものは 単純な条件しか書けなかった為に、p であると同時に q である時に、という ような条件の記述は面倒なものであった。本章では、こうした論理に関する 演算を学び、制御構造についてより深く学ぶことにする。





Noriyo Kanayama