next up previous contents
Next: 16.1 配列の宣言 Up: C 言語 Previous: 15.3 課題 15

16. 配列 I -- 第16回 '99.11.24

これまで学んできた変数は、もし多数必要であれば、必要な数だけの名前をつけて 宣言をしなければならなかった。従って、例えば、100 人の学生のテストの点数を 変数に保存しようとすると100 個のそれぞれ名前の違う変数を宣言せねばならず、 はなはだ面倒であり、また、プログラムを簡単にする事も困難である。この章では、 1 回の宣言で多数の変数を確保する事と、その変数の使い方について学ぶ。



 

Noriyo Kanayama