2.1 簡単なインターネットの歴史

多くの書物にあるようにインターネットは米国国防総省(DOD)の 高等研究計画局(DARPA)が資金を提供したARPANETプロジェクトに 端を発しています。これを以って、インターネットは軍事研究か ら出発したとか、ARPANET は軍事ネットワークであったという 議論もありますが、これは非常に皮相的な見方であり 、実際には間違っているとも言えます。この理由は、ひとつ には当時のDARPAは非常に多くの先端的技術と思われるものに 資金を提供していたということ(資金提供の目的が軍事的であった ことを否定している訳ではありませんが、'60年代のソ連との人工衛星 打ち上げ競争の敗北から基礎技術への重視という事がアメリカ全体 として行われた一環であり、ソフトウェア品質や人工知能、ロボットなど 非常に広い分野の基礎技術に先行投資がなされていました)、 二つ目には元となるパケット交換理論は ARPANETプロジェクト('68) に先立つ'61には発表され、'62,'63年はこうした 分散型情報通信網は活発に研究されるようになっていたことが挙げられます。 そうした経緯はありつつも、 ARPANETプロジェクトによってパケット交換ネットワークは非常に 発展を遂げます。同時に、こうしたネットワーク研究は国際的な 広がりを持ち、当初4台のコンピュータから始まった接続実験(UCLA, UCSB, スタンフォード大学、ユタ大学)は '73年にはイギリス、ノルウェーを繋ぐ国際接続へと成長していき ます。こうした相互接続ネットワークはそれ自身が相互接続の ための仕組みを要することは当然で、必然的に相互接続に必要な プロトコル(通信のための手順のこと) の開発がその後のTCP/IPを生み出していくのでした。 このインターネットの夜明けにおいて、 当初から今日注目されている重要な要素が含まれていました。 それはオープンであったという点と、相互接続性が当初から重要な 関心であったという点です。この2者は相互的に関連しているもの ですが、広域ネットワークを成り立たせるためには決定的なもの であると言って良いでしょう。 (一方、ARPANETと同じようなメカニズムでありながら、学術ネットと してCSNETが'81に発足し、ARPANETに加盟できない大学などを接続 して行きます。)

その後、'82にはTCP/IPが完成し、同時に'83年に4.2BSD上でTCP/IP が実装され、配布されていきます。Unixとインターネットの親密な 関係はここで決定されたと言えます(それ以前はNCPというプロトコル を採用しており、'83年にTCP/IPに切り替えられたので、この年を 持ってInternetの始まりと定義する場合もあります)。 そして、その後もUnixはTCP/IP の実装研究の中心的な舞台でありつづけ、今日でもIPv6実装の 中心でありつづけています。ともあれ、TCP/IPを接続プロトコルと するネットワークは各国で生まれ、ARPANETと相互接続されながら、 研究・実験が進められました。'90年にはARPANETはその役割を終え、 既に設立されていた他の機関がその役割を完全に取って代わっていました。 この当時('89)で接続台数は約10万台程度であったとされています。 筆者の経験でも、当時は国内のネットワークを研究していた機関だけ ではなく、国際的な科学研究機関の多くが何らかの形でインターネット への接続を果たしていましたが、あくまでも一部に限られ、科学者 一般に普及していた訳でもありませんでした。

こうした状況が一変し、インターネットの爆発的成長が始まるのが、 '93年からです。この年に先立つ '91年にCERNにおいてWWWが発明され 、'93年に初めてのブラウザであるMosaicが発表されます。そして、 この年にはWWWのトラフィックは三千倍以上に増加したのでした。 そしてその後の数年間でインターネットは世界中を覆う単一巨大 ネットワークへと成長し、多くの企業・学校・家庭へと普及すると 共に、それぞれの接続もブロードバンドと呼ばれる高速接続へと 形態を変化させ、その変化は現在も社会に大きな影響を与えています。

1957 ARPA発足
1961 L.Kleinrock, パケット交換理論
1962 J.C.R.Licklider & W.Clark, オンラインコンピューティング理論
1963 P.Baran, 分散型情報通信理論
1968 ARPANETプロジェクト
1969 ARPANET始動 4台50Kbps
1970 LOHA system(ハワイ大学) 無線によるパケット通信
1971 米国23台15箇所接続
1971 ARPANET でmail
1973 国際接続 イギリス・ノルウェー
1973 PaloAlto研究所, Ethernet理論 (CSMA/CD 3Mbps)
1973 V.Cerf & B.Kahn, TCP理論
1974 TCP 設計
1978 TCP/IP策定
1982 TCP/IP完成 Internetが実質的に定義
1983 4.2BSDにTCP/IPが実装・配布
1983 ARPANET TCP/IPに切り替え
1984 DNS の導入
1989 100,000台突破 Internet接続
1991 WWWの発明(CERN)
1992 1,000,000台突破
1993 InterNIC設立
1993 ブラウザ(Mosaic)の発明 WWWトラフィック 341,634%増加
1995 Java,RealAudio,商用Internetラジオ局
2000 ブロードバンドの始まり



Noriyo Kanayama