3.3.4 ICMP

ここまでの階層では、パケットがネットワーク上のどこかで失われるような ネットワーク上のトラブルに対しての保証は一切ありませんでした。別の 言い方をするならば、インターネットはその低レベルの階層においては、その ような高度な機能は用意していないとも言えます。勿論、そうした機能がないの は困りますから、必要なのは論を待たないのですが、肝心な点は低レベルでは そうした機能を用意していなかった点です。つまり、ネットワーク上のトラブル は元々の関心として、より高位の階層で処理しようと考えた点にポイントがある といえます。そういう意味で、ネットワーク層には、パケットが何らかの原因に より消えたり、あるいは消されたりした場合や、あるいはサービスが提供さ れていなかった場合に対する、ある種の通知を保証する仕組みが用意されて います。これを、ICMP(Internet Control Messaging Protocol)と言います。 ICMPには、従って、インターネットでの通信を保証するための様々な 通知システムが備わっていますが、重要なのはそれを保証するのではなく、 保証するための通知システムに過ぎない点です。



Noriyo Kanayama