6. アプリケーション間通信と通信の保証

この章では通信を保証するための仕組みである ICMP と、 実際の通信に必要なメカニズムで ある TCP,UDPについて解説をします。TCP,UDPは通信の信頼性を保証、あるいは 保証しない通信方法を上位のアプリケーションに提供します。こうしたTCPなど による信頼性の確保はトランスポート層での保証なのですが、肝心のパケット自体 の到達性についての信頼性は、IPパケット自体の伝達方法では保証されず(つまり、 パケットが失われる可能性があることを容認しています)、 ネットワーク層のプロトコルである ICMP(Internet Control Message Protocol) が保証をしています。





Noriyo Kanayama