6.2.3 データの受信確認

送ったデータが到着したかどうかを確認する ために、受信側は送信側に ack(acknowlegement:受信確認) を返します。但し、 パケットの到着の度に返信のための特別なパケットを送り返しては不経済 なので、自身の発信する送信パケットに ack を同居させます(簡単に言うと、 ついでに応答確認を返します)。また、一つのシーケンス番号を受け取った ことを確認する代わりに、それまでのパケットを全部受け取ったことにし、 次に受け取るべき順序番号を指定します。

つまり、順序番号 1099 までのデータを受け取ったならば、ack として 1100 番を送り返す訳です。



Noriyo Kanayama