next up previous contents
Next: インストールメニュー Up: FreeBSDのインストール Previous: フロッピーの準備

インストールの開始

まず、kern.flp を入れてブートし、ビープ音がなったら mfsroot.flp のフロッピーに入れ換える。ほどなくするとインストール用のシステムが立ち上がり、 まず最初にデバイスの選択をするためのモードになるので、Visual モードを選ぶ。 Visual モードでは、様々なデバイスの検索やIRQなどの設定が画面から出来るように なっているが、ISAカードを使っていない限りほとんど関係がない。起動を早くしたい ならば、記憶デバイスやネットワークカードは削除しておけば良い。但し、IDEとFDD は削除してはならない。PCIデバイスは自動設定なので、削除はしなくても良い。

Noriyo Kanayama