next up previous contents
Next: ディスク管理 Up: 環境設定 Previous: 起動とrcファイル

IPアドレスと名前解決

IPアドレスは数字であるので、ユーザーが記憶するには面倒であり、同時に管理者に とってはIPアドレスの移動をユーザーに通知して回るのは大変である。また、 世界的にもIPアドレスで通信を全て陽に行わなければならないとしたら大混乱と なるであろう。このように、ネットワーク上の通信ではIPアドレスが基本ではあるの だが、それらを隠蔽する必要がある。これは一般に名前解決と呼ばれ、ホストの 名前からIPアドレスを自動的に検索するようになっている。世界的な規模でこれを 行うのがDNS(Domain Name Service)であり、ローカルに行うものとしては NIS( Network Information Serivce)やNIS+などがある。一方、マシン独自にこうした 名前解決を行うための設定ファイルとして /etc/hostsがある。このように、 複数の名前解決のための手段があることは便利ではあるが、一方で混乱が生じる 原因ともなりかねないので、管理者は矛盾が生じないように注意してこれらの 設定を行わなければならない。一般に、/etc/hostsによる解決は必要 最低限に留めるべきである。



Noriyo Kanayama