next up previous contents
Next: 動作の確認 Up: POP, IMAP4 の導入 Previous: POP, IMAP4 の導入

UW IMAP4 の導入

FreeBSD4.6R では、UW IMAP2001a がパッケージでmailカテゴリーに 用意されています。

インストールが終わったら、/etc/services に以下の行があるかどうかを 確認します。


imap            143/tcp                         # IMAP4
pop             110/tcp                         # Post Office v3
pop-2           109/tcp                         # Post Office

次に、IMAP,POP を動かすマシンのローカルファイル /etc/inetd.conf に以下の ように付け加えます。


imap    stream  tcp     nowait  root    /usr/local/libexec/imapd    imapd
pop     stream  tcp     nowait  root    /usr/local/libexec/ipop3d   ipop3d
#pop-2   stream  tcp     nowait  root    /usr/local/libexec/ipop2d   ipop2d

但し、POP2 はセキュリティ上の問題もあるので、動かさない方が良いでしょう。 実際、現在多くのクライアントで V2 でないと動かないものはほとんどない ので問題もありません。

最後に、imapd を動かしたいローカルのマシン上で inetd のプロセス番号を調べて、 kill -HUP を送れば完了です。


# ps -ef | grep inetd
    root    92     1  0   7 24 ?        0:03 /usr/sbin/inetd -s
    root  1073   938  1 20:50:36 pts/0    0:00 grep inetd
# kill -HUP 92

ただ、この方法ですと全てデフォルトのままなので、スピードなどは少し遅い かも知れません。各個人のメイルボックスは/var/mail/[user]の ままなので、メイルボックスの形式が Unix mbox 形式のままです。mbox 形式だとそれほどアクセスは早くなく、機能制限もあります。これを、 UW IMAPのお薦めの mbx 形式に変更する必要があるのですが、 完全にこれを行うと不便なこともあります。当面、メイルボックスは mbox 形式だが、メイルを移動させて別のフォルダに整理すると mbx形式に なるように設定をして置くとよいでしょう。また、IMAP ではメイルはサーバに 残ったままになるので、放っておくと /var/mailがあふれてしまう 事も考えられます。ユーザーのディレクトリに移動するように設定しておく 必要もあります。

まず、前者の mbx形式の設定については、 /etc/c-client.cfというファイルを作り、以下のように設定します。


I accept the risk for IMAP toolkit 4.1.
set new-folder-format mbx

次に、ユーザアカウントを発行する際に、ユーザ .cshrc などに setenv MBOX /home/[user]/mboxのように設定し、ユーザホームに touch コマンドで mbox ファイルを作成するようにします(中身は空で構いません)。 こうするとユーザがIMAPにアクセスすると自動的に /var/mail/[user]mboxに移動します(形式は mbox のまま)。

UW IMAP4 はユーザーのメイルディレクトリをホームディレクトリ全体と みなすようになっています。従って、ホームディレクトリ全体が丸見えに なるなどの問題があります。また、誤ってファイルを消去する場合や、 ホームディレクトリに大量のファイルをユーザーが置いていると、そのために クライアントの動作が遅くなったりもします。 そのために、 指定したユーザーのディレクトリ(例えば ~/Mail など) を IMAP がホームディレクトリと解釈するように変更するための 指定が追加されています(以前は筆者は独自にパッチを当てていましたが)。

この指定は、以下の一行を追加するだけです。但し、もしユーザディレクトリに このディレクトリがなければ、動作は全く保証されていません。


set mail-subdirectory Mail

この例の場合には、~/Mail ディレクトリが IMAP が扱うユーザのホーム ディレクトリになります。



Noriyo Kanayama