next up previous contents
Next: メイリングリストの作成 Up: メイリングリストの設定 Previous: メイリングリストの設定

設定ファイル

FML では、メイリングリストのさまざまな動作を設定するために2つのファイル を使います。一つは、spool の下の各メイリングリストのスプールにある cf と config.ph です。cf はプログラムのメニュー から config.ph を作成するために使われます。従って、config.ph を直接 いじっても良いのですが、config.ph を手で編集した後で、メニューから設定 すると以前の内容が反映されないことになります。従って、慣れるまでは なるべくメニューから設定し、慣れてきたら config.ph を直接編集すれば 良いでしょう。


	/INST/fml/exec/makefml config [ML の名前]

直接編集したい場合には、ロックを掛けるようになっている。 但し、この場合、EDITOR 変数を見るので設定しておけば、好みの エディタで編集出来る。設定していないと、手で指定するように促される。


	/INST/fml/exec/makefml edit [ML の名前]

更に、多くのメイリングリストを作る時に、大体の設定はデフォルトで決めて おきたい場合があります。このような場合のためにテンプレート自体を 編集する機能も用意されています。


	/INST/fml/exec/makefml config-template

当然、編集モードもあります。


	/INST/fml/exec/makefml edit-template

実際の config.ph は例えば以下のようになっています(抜粋)。

#####################################################################
# ### Section: Mailing List Policy (for Post, Commands), Maintainer ###
#
# $MAIL_LIST is THE ADDRESS FOR POST.
# $PERMIT_POST_FROM is "anyone", "members_only" or "moderator", 
# which permit post from who? If not-member posts is rejected,
# THE FUNCTION $REJECT_POST_HANDLER is applied.
# $REJECT_POST_HANDLER is "reject", "auto_subscribe" or "ignore"
#     you can use "auto_regist" used in fml 2.x.
#
# **ATTENTION**: "reject" implies just "NOT REGISTERED IN $MEMBER_LIST".
#    See "Section: Security" for positive reject against e.g. spammers.
#
# value: string
$MAIL_LIST                     = "ml-test\@$DOMAINNAME";
$PERMIT_POST_FROM              = "members_only";
$REJECT_POST_HANDLER           = "reject";

perl を知っている人ならば、単純に perl の変数を設定しているだけだと いうことがすぐに見てとれます。



Noriyo Kanayama