next up previous contents
Next: DHCP Up: メイリングリストの設定 Previous: 定期的に実行するもの

内部配送方式での設定

FML に限らず一般に、ドメイン名だけでメイルが届くように内部配送方式を取って いるサイトでメイリングリストを運用する場合には、2種類の aliases を持つ 必要があります。なぜならば、メイリングリストの実際の管理を行うマシンに 転送するための aliases と、その管理を行うマシン上で管理ツールを起動するために 利用する aliases とが必要だからです。

メイリングリストを処理しないホストの aliases map は次のように設定します。


ml-test: ml-test@pc01.summer00.wakhok.ac.jp
ml-test-ctl: ml-test-ctl@pc01.summer00.wakhok.ac.jp
ml-test-request: ml-test-admin
ml-test-admin: ml-test-admin@pc01.summer00.wakhok.ac.jp
owner-ml-test: sumtest@pc01.summer00.wakhok.ac.jp

つまり、一般ユーザと同じく処理をしたいマシンに転送するようにします。

そして最後に、この ML を処理したいマシン (例では pc01. summer00. wakhok. ac. jp)上の /etc/aliases に先程 カット&ペーストで保存したものを登録します。


ml-test: :include:/opt/fml/spool/ml-test/include
ml-test-ctl: :include:/opt/fml/spool/ml-test/include-ctl
ml-test-request: ml-test-admin
ml-test-admin: sumtest
owner-ml-test: sumtest
# Mail Error Analyzer Daemon
# If you use mead.pl, comment out ml-test-admin: line and UNCOMMNET OUT here.
#ml-test-admin: sumtest, :include:/opt/fml/spool/ml-test/include-mead

また、自動的なエラーメイルの解析プログラムなどを動かしたい場合には、 最後の行を有効にして、

ml-test: :include:/opt/fml/spool/ml-test/include
ml-test-ctl: :include:/opt/fml/spool/ml-test/include-ctl
ml-test-request: ml-test-admin
ml-test-admin: sumtest
owner-ml-test: sumtest, :include:/opt/fml/spool/ml-test/include-mead
のようにすれば良いでしょう(これは設定しておけば便利です)。



Noriyo Kanayama