next up previous contents
Next: ケーブル Up: バス共有型 Previous: バス共有型

CSMA/CD

CSMA/CD 方式は、まず、メディアが使用しているかどうかを検出し(搬送波の検知)、 使用していなければ伝送を開始します。もし、メディアが使用中ならば、使用が 終るまで待ちます。また、送信中も含めて常にメディアを監視し、衝突(2つ以上 の送信が運悪く同時に行われた際に起こり、データパケットは破壊される) を検出します。衝突を検出したら、送信中の場合は送信を中止し、 受信中であるならばデータを廃棄します。 一方、メディアが使用中で待機する場合には、あるアルゴリズムに 従って待機し、その後に再び送信を試みます(マルチプルアクセス)。

CDMA/CDの最大の欠点は通信が輻輳した際のアービトレーションがない点にあり、 それ故に、帯域の使用率が上がると通信自体が不可能になる点にありますが、 スイッチと全二重化により現在では克服されつつあると言えます。



Noriyo Kanayama