next up previous contents
Next: 設定ファイル Up: ISC DHCP の導入 Previous: ISC DHCP の導入

システム設定

DHCP では標準では、port 67 をサーバが、port 68 をクライアントが使います。 /etc/services に登録されているか確認をしてください。


dhcps           67/udp                          #dhcp server
dhcpc           68/udp                          #dhcp client

後は、dhcpd がシステムのスタート時に自動的に起動するように 登録しておけば良いでしょう。例えば、以下のように /usr/local/etc/rc.d/dhcpd.sh というファイルに設定します。


#!/bin/sh
if [ -f /usr/local/sbin/dhcpd -a -f /usr/local/etc/dhcpd.conf ]; then
    /usr/sbin/dhcpd
fi

但し、インターフェースが複数あるマシン上でこのまま走らせるとエラーに なる場合があります。もし、複数のインターフェース全てに対して DHCP を サービスしたい場合には、全てのインターフェースのネットワークに対して 次で掲示するような設定をしなければなりません。逆に、複数のインターフェース 全てではなく、単一のインターフェースに対してサービスを行なう場合には 以下のようにインターフェース名を指定しなければなりません。


#!/bin/sh
if [ -f /usr/local/sbin/dhcpd -a -f /usr/local/etc/dhcpd.conf ]; then
    /usr/local/sbin/dhcpd fxp0
fi

この例では、fxp0 が DHCP をサービスするインターフェースです。



Noriyo Kanayama