next up previous contents
Next: ネットワーク管理者 Up: ネットワークと管理者の役割 Previous: サイト管理にあたって

システム管理者

Unix では、システムを管理する特別なユーザをスーパー・ユーザと 呼んでいます。スーパー・ユーザは root とも呼ばれます。 root は勿論 Unix ファイルシステムの根の部分を指す言葉ですが、 Unix ではこれをシステムに対して全権を持ったシステム管理者の ログイン・ユーザ名として使うという習慣があります。

システム管理者の役割には、システムで利用可能なサービスやコマンドの 管理、ユーザの管理、ファイルシステムの管理、ハードウェアの管理 などがあります。 これに対して、ネットワーク管理者は全体の管理という事になり、 ネットワーク管理者の方が上にあるような印象がありますが、ネットワーク はサービスのためにある訳で、サーバから切り離して考える訳には行きません。 そうした意味で、システム管理者がどういうサービスをすればユーザの利益 に叶うのかという点を常日頃考える事は重要です。サービスの形態を 工夫して、管理しやすく、便利なシステムは同時にそれを更に可能とする 、あるいはより良くするネットワーク設計へと反映されていくからです。

このようにシステム管理者は、非常に大きな権限と重い責任を持って います。システム管理者のミスがユーザに与える影響は非常に大きいために、 常に自分の行っている行為を確認しつつ、注意深く行う習慣を見に付ける と同時に、ユーザの不満や潜在的な要求にも日頃から留意するように しなければなりません。



Noriyo Kanayama