next up previous contents
Next: TCP/IPの階層 Up: TCP/IP ネットワークとその管理 Previous: TCP/IP ネットワークとその管理

TCP/IPとは

TCP/IPは、UNIXワークステーションの世界でもっとも広く用いられていた ネットワーク・プロトコルで、 Internet では標準プロトコルとなっています。 ネットワーク・プロトコルは、たとえ異なったOSの走る異なったマシン同士でも、 相互に情報の交換が出来るように、共通の通信手順を定めたものです。

実は、TCP/IPは、一種類のプロトコルではなく、Internet Protocol (IP)を中心 とした、プロトコルのファミリーからなっています。そのほかのメンバーは、 Transmission Control Protocol (TCP) , User Datagram Protocol (UDP), Address Resolution Protocol (ARP) , Reverse Address Resolution Protocol (RARP) , Internet Control Message Protocol (ICMP) です。

TCP/IPは、もともとアメリカの国防省を中心とした政府機関 DARPA(Defence Advanced Research Project Agency ) が当時この技術研究に資金を提供し、 そのもとで大きく発展しました。この DARPANET は その後、ARPANET(Advanced Research Project Agency NET)へと発展し、現在の Internet の元となりました。ARPA で開発されたこのプロトコルを簡単にIP (Internet Protocol)と呼んでいます。

Internet は、我が国でも数年前に商業利用が開始され、 現在急速に発展しつつあります。 更には、現在利用している IP は v4 ですが、v6 の実験も広範囲に 行われるようになってきており、IPv6 が標準になるのも実は案外と 近いかも知れません。

internet は、複数の LAN 又は WAN の集ったものを指し、Internet は、固有名詞です。



Noriyo Kanayama