next up previous contents
Next: 演習課題 Up: mail の設定 Previous: テスト

その他のメイル環境整備

Post Office Protocol

近年、パソコンを端末として使う環境が徐々に整備されてきており、利用者も 急速に増加しています。そのために、UNIX 側でもこれらのパソコンからの 利用に対応していくことが管理者の仕事となってきていますが、メイルに関しては Post Office Protocol (POP) と呼ばれる仕組みを用い、スプールは UNIX におき、 MUA はパソコン側のソフトを用いるのが便利です。従って、POP をUNIX 側に インストールしておけば良いでしょう。POP には、qpop, popper, UW-IMAP 附属 の ipop などがあります。 しかし、ローカルネットワーク内でのメイルの管理は、最近では IMAP が 主流となりつつあります。IMAP を使えば、サーバ側につねにメイルスプールは 残したまま、整理や検索が出来るので、仕事場でも家庭にいても同じメイル を参照出来ます。サーバのリソースを使うという欠点はありますが、ディスクは 安くなりつつあるので、導入を検討してみてはどうでしょう。

IMAP4

Appendix に解説があります。

mailing list

Appendix に解説があります。



Noriyo Kanayama