next up previous contents
Next: A.18 vi のカスタマイズ Up: A. vi 入門 Previous: A.16 UNIXのコマンドを呼ぶ

A.17 vi の環境設定

viは、ユーザーの目的に応じて、いくつかのサービスを用意しています。 そのうち重要なものを紹介しましょう。通常viでは行番号は表示しません。行番号を表示させるには、次のようにします。

 :set number

あるいは、この略記で :se nu  でも構いません。設定を解除するには

 :se nonu

のように、noをつけてください。

C言語などのプログラムでは、読み易くするため行の先頭をずらします。(これを「インデント」と言います。)これを自動的に行う機能(autoindent)があります。

 :se ai

この機能が設定されると、挿入モードで次の行に移動した時、カーソルの位置が前の行の空白に揃えられます。自動インデントの影響をなくしたい行に対しては^dを入力します(挿入モードの状態で)。自動インデント機能全体をを解除するには :se noai とします。

やはりC言語やLISPなどのプログラムでは、(){}[]などの括弧の対応が重要です。showmatch の機能は、括弧が正しく入力されているかを挿入モード中で、自動的にチェックしてくれます。括弧を入力するたびに、それに対応する括弧があると一瞬カーソルが移動し、その存在を示します。

 :se sm

解除はやはり :se nosm です。



Noriyo Kanayama