next up previous contents
Next: B.1.4 インストールの開始 Up: B.1 FreeBSDのインストール Previous: B.1.2 インストール方法の選択

B.1.3 フロッピーの準備

先に述べたように様々なインストール方法があるが、ここではフロッピーディスクを 用いることにする。海外では 2.88MのFDDが普及しているので、FreeBSDではそれを標準的にサポートしている が、日本ではあまり普及していないようなので、1.44M フロッピーが3枚必要 である。まず、 DOS上でフォーマットした上で、fdimage.exerawrite.exe などを用いて、boot.flpkern1.flp,kern2.flpをフロッピーに 焼く。 この flp 形式のファイルは、FreeBSDのファイルシステムを納めたものなので、 copy コマンドなどでは作成出来ない点に注意してほしい。ちなみに、 これらのファイルは リリースディレクトリの下の floppies/ディレクトリにある。一方、上記の ツールは通常、FreeBSDのtools/ディレクトリに用意されている。 (但し、ノートにインストールする際には、ACPIなどの関係で FreeBSD5.xの系統 の方が成功率が高いようである。)

    > fdimage  boot.flp  a:
    ...
    > fdimage  kern1.flp  a:
    ...
    > fdimage  kern2.flp  a:

また、フロッピーに不良セクタなどが存在すると、完全なフロッピーとならないので 注意が必要である。

既に、FreeBSDなどの Unix マシンが存在する場合には、dd コマンドなど でもブートフロッピーは作成可能であるが、上記の点には注意する必要がある。



Noriyo Kanayama