next up previous contents
Next: B.2 インストール後の設定と変更 Up: B.1 FreeBSDのインストール Previous: B.1.5 インストールメニュー

B.1.6 rootのパスワードを設定し忘れたら

rootパスワードをインストール時に設定し忘れた場合は、rootのパスワードなしで 設定されるので非常に危険である。ブートしたら直に passwd コマンドを用いて 設定するようにしなければならない。ちなみに、パスワードを設定したが、忘れて しまったりした場合は、あわてずにブートしなおして(Ctrl+Alt+Delete キーでリブート がかかる)、 9秒間の秒読みが終わる前に6を叩くか、一旦スペースキーを押してカウントダウンを 停止させ、その後に6を叩いて、ローダモードに入る。ローダモードのプロンプトに対して 次のように入力することでシングルモードと呼ばれるモードに入る。

    > boot -s

シングルモードでは、最初にシェルの選択を尋ねられるが、そのままリターンを押せば デフォルトの Born shell となる。

シングルモードに入った当初では、スライスは全てマウントされておらず、さらに / スライスもリードオンリーになっているので、書き込みが出来るようにマウ ントのし直しをする。

   # mount -a

その後、passwd コマンドで rootのパスワードを設定しなおせば良い。

   # passwd root
   ...

設定が終われば、^D を押すか、あるいは exit コマンドを実行して シングルモードを抜けると、自動的にマルチユーザーモードでシステムが立ち上がる。



Noriyo Kanayama