next up previous contents
Next: C.6 ファイルのパーミッション Up: C. ユーザー管理 Previous: C.4 グループ登録

C.5 ホームディレクトリと配布ファイル

vipw などを用いてアカウントを発行した場合などは、 ユーザーのホームディレクトリ等を準備し、 必要なファイルをコピーしなければならず、 更に、そのディレクトリ及びファイルの所有者を 該当するユーザーに変更しなければならない(その上、グループ属性も)。 この際に良く用いられるコマンドが、chown,chmod,chgrp コマンドである。chmodコマンドは後述するとして、残りの2つのコマンド について簡単に紹介する。

chown
ファイル・ディレクトリの所有者(オーナー)を変更する

例えば、test ディレクトリをkanayamaの所有に変更するには、

    # chown   kanayama  test
通常、ディレクトリ以下を変更する場合が多いので、その場合には、-R オプション を付けることでディレクトリ以下を再帰的に変更する。
    # chown   -R   kanayama  test

chgrp
ファイル・ディレクトリのグループを変更する 例えば、test ディレクトリをstaffの所有に変更するには、
    # chgrp   staff  test
chgrpコマンドも、chownと同じく -R オプションが同じ意味で 用いることが出来る。

こうしたコマンドによるディレクトリの用意は、シェルスクリプトなどで一気に ユーザーディレクトリを準備する場合に重宝するが、最近のシステムでは アカウントの発行・ディレクトリの準備・ファイルの配布まで行うコマンドが 完備されるようになってきている。FreeBSDでも、 先に紹介した adduser コマンドを使えば配布まで自動的に行ってくれる。 配布ファイルは、/usr/share/skel/ に置いておく事に なっているので、標準設定を変更したり、新たに設定ファイルを配りたい場合には ここに置いておくようすれば良いのだが (勿論、既存のユーザーには手で配布しなければならない)、その際に ドットファイルは .cshrcではなく、dot.cshrc のような名前で なければならない。基本的なファイルは既に /usr/share/skelに準備 されているので、サイトごとに変更を加える場合にはこれらに変更・追加をすれば 良い。

    # ls   /usr/share/skel
    dot.cshrc               dot.mail_aliases        dot.rhosts
    dot.login               dot.mailrc                dot.shrc
    dot.login_conf         dot.profile



Noriyo Kanayama