next up previous contents
Next: 1.3 本書で扱う範囲 Up: 1. IPv6 Previous: 1.1 IPv6とは

1.2 FreeBSDとIPv6

多くのOSで既にIPv6は対応しつつありますが、OSによっては実装に問題 があったり、まだDraft段階のものを勇み足で実装し、その後廃止された ものが入っていたりするなど、きちんとした実装がされているかどうか 疑問のものがあったりします。FreeBSDは、もっとも進んだ、かつ忠実 な実装であるKAMEプロジェクトのプロトコルスタックや、ツールを カーネルにデフォルトで取り入れています。勿論、KAMEは他のNetBSDや OpenBSDなどのいわゆる *BSDにも取り入れられているので、 その部分では同じですが、アプリケーションの管理や、デバイスへの 対応などではFreeBSDの方が、BSDの兄弟よりも少しだけ進んでいます。 (もっとも、お互いに輸入を行うので、対応は僅差であるとも言えます)

このテキストでは、 FreeBSDの最新のバージョン系列の中で最も新しい 5.4-RELEASEを利用します。



Noriyo Kanayama