next up previous contents
Next: 2. IPv6アドレス Up: 1. IPv6 Previous: 1.2 FreeBSDとIPv6

1.3 本書で扱う範囲

本書では、IPv6の基本的なアドレス構造、IPv6の通信を支えるICMPv6など を扱った後に、IPを管理するIPv6に対応したDNSの簡単な紹介をします。 次に、IPv6を用いるアプリケーションとしてウェブとXCASTを取り上げます。 後者は、IPv6の特徴を生かしたアプリケーションとして現在注目されている ものです。最後に、IPv6に限った訳ではありませんが、IPv6で実装が必須 になったIPsecを取り上げ、実際にいくつかの例を扱います。

なお、本書ではIPv6ヘッダの細かい構造や、ICMPv6の詳細な機能については 扱えていませんので、興味のある方は他の書物をご参考にしてください。

想定している実習では、IPv6アドレスを付与した時点で、デュアルスタック として動作するホストを操作することになります。



Noriyo Kanayama