next up previous contents
Next: 6.1.3 IPv6とIPv4のサーバを区別 Up: 6.1 WWWサーバ Previous: 6.1.1 Apache の設定

6.1.2 動作の確認

なお、Apache2 にはアクセス制御や、CGI、モジュールなど多くの設定項目 がありますが、ここでは単純に動いたかどうかだけを確認することにします。

Apache2が動いたならば、port 80 でアクセスを待ち受けます。ブラウザは 次に入れるとして、まずは telnet を使って動作を確認しましょう。

telnetはIPv6に対応しています。ただ、そのままだとIPv4を使っているのか、 IPv6を使っているのかが分かりにくいので、オプションを使って、IPv6での 接続を強制します。

    # telnet -6  www.s01.wakhok.ac.jp 80

なお、www.s01.wakhok.ac.jp の後ろの80がポート番号をあらわしています。

IPv6でアクセス出来たならば、以下のようにメッセージが出ます。

     Trying 2001:2f8:43:a000::778...
     Connected to www.s01.wakhok.ac.jp.
     Escape character is '^]'.

ここでプロンプトに対して、以下のように入力します。

     Escape character is '^]'.
     GET  /index.html  http/1.0

なお、入力した後には、2回リターンキーを叩いてください。すると、以下のような htmlファイルが表示される筈です。

    HTTP/1.1 200 OK
    Date: Fri, 23 Jul 2004 10:25:42 GMT
    Server: Apache/2.0.49 (Unix)
    Last-Modified: Fri, 23 Jul 2004 07:54:59 GMT
    ETag: "bac00-612-f3ab7ac0"
    Accept-Ranges: bytes
    Content-Length: 1554
    Connection: close
    Content-Type: text/html; charset=ISO-8859-1

    <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
                 --- 以下略 ---

表示されれば Webサーバは動いていて、IPv6でアクセス出来たことになります。

もし、IPv4でアクセスしたいならば、

     # telnet -4 10.128.130.1 80

のようにオプション -4 を指定します。 後は、IPv6の場合と同じです。



Noriyo Kanayama