next up previous contents
Next: 7. IPsec Up: 6. IPv6アプリケーション Previous: 6.2.6 XCAST6を動かす

6.3 演習問題

演習 6.1   各自 Apache2 を導入し、動かしなさい。 動いたら、telnet で IPv6,IPv4でのアクセスを確認しなさい。

演習 6.2   ブラウザ(firefox)を導入しなさい。

演習 6.3   自分のサーバのページや、隣の人たちのページをブラウズして見なさい。 また、その際のパケットの流れを ethereal で監視し、ブラウズする時に、 どのようにDNSで検索や近隣探索が行われ、最終的にデータがサーバとやり取り されるかを理解しなさい。

演習 6.4   IPv4 と IPv6 でウェブのページが異なるように設定し、ブラウザで 確認しなさい。

演習 6.5   XCAST6に必要なファイルは以下の場所にあるので、ダウンロードして下さい。 但し、ユーザ名、パスワードは最初に配布したものを利用してください。
    # cd /root
    # ftp 10.0.0.8
    Name (10.0.0.10:root): anonymous
    331 Password required for hogehoge
    Password: ********
    230 User hogehoge logged in.
    Remote system type is UNIX.
    Using binary mode to transfer files.
    ftp> prompt
    ftp> cd FreeBSD/xcast
    ftp> mget *
    ...
    ftp> quit

演習 6.6   XCAST6の設定を各人行いなさい。

演習 6.7   vic,ratを使って、まわりの色々な人とテレビ会議をして見なさい。

演習 6.8   xcgroup を設定し、それを使ってテレビ会議をして見なさい。



Noriyo Kanayama