next up previous contents
Next: 7.1 認証と暗号 Up: IPv6コース Previous: 6.3 演習問題

7. IPsec

IPv6が話題になりかけた当初においては、IPv6はセキュリティ機能を有している から全く大丈夫である、というような非常に無責任な議論がなされたことも ありますが、IPv6が提供するセキュリティ機能は実際にはIPsecのみです(匿名 アドレス機能もセキュリティと言えますが、ここでは除外しています)。しかも、 IPsec自体は、IPv6,IPv4双方で使えるようになっています。従って、IPv6特有の 機能であるとは言えませんが、IPv6ではIPsecは必須事項となっているので、 必ず使えるようになっている点が大きく違います。とは言え、では実際に利用 出来るのかと言えば、中々現実的には難しい問題もあります。また、IPsecが 提供するのは通信の認証と暗号化なのですが、エンドツーエンドの通信が暗号化 されるファイアーウォールなどから見ても暗号化されて見えないために、逆に セキュリティ的な問題が生じる場合も懸念されています。ここでは、IPsecを 理解する上で基礎的な暗号や認証の問題を簡単に紹介した後に、IPsecの実際の 利用をしてみることにします。





Noriyo Kanayama