next up previous contents
Next: 6.3.5 フィルタリングコマンド Up: 6.3 IPFilter Previous: 6.3.3 カーネルの設定ファイル

6.3.4 フィルタリングの設定

カーネルの再構築が済んだら、再起動する前に、設定ファイル(/etc/rc.conf)を 編集しておきます。カーネルの 設定はデフォルトでは立ち上がった際に、安全のため全てのパケットの受け入れを拒否 するようになっています。今の場合には、最初はフィルタリングは 素通しの設定にします。 ここでは素通しの設定は /etc/ipf.rules に次のように書いておきます。

pass in  all
pass out all

次に、これらの設定に従って、フィルタリング を起動時に動くように /etc/rc.conf に設定をします。

ipfilter_enable="YES"    # Set to YES to enable ipfilter functionality
ipnat_enable="NO"       # Set to YES for ipnat; needs ipfilter, too!
ipmon_enable="YES"       # Set to YES for ipmon; needs ipfilter, too!
tcp_drop_synfin="YES"    # Set to YES to drop TCP packets with SYN+FIN
icmp_drop_redirect="YES" # Set to YES to ignore ICMP REDIRECT packets
icmp_log_redirect="YES"  # Set to YES to log ICMP REDIRECT packets

なお、タイプミスが心配な方は、/etc/default/rc.conf から該当行を コピーしてきて、必要な箇所のみを編集すれば良いでしょう。 また、今回は NAT は使いませんので、ipnat_enable="NO" にして おきます。

オプションや、設定ファイルはデフォルトが /etc/defaults/rc.conf で 決められており、
# 参考 /etc/defaults/rc.conf におけるデフォルト設定
ipfilter_program="/sbin/ipf -Fa -f"
                                # program and how to specify the rules file,
                                # see /etc/rc.network (pass1) for details
ipfilter_rules="/etc/ipf.rules" # rules definition file for ipfilter, see
                                # /usr/src/contrib/ipfilter/rules for examples
ipfilter_flags="-E"             # should be *empty* when ipf is _not_ a module
                                # (i.e. compiled into the kernel) to
                                # avoid a warning about "already initialized"
のように決められています。勿論、/etc/rc.conf でこれらの設定を オーバーライドすれば変更する事が出来ます。

手動で動かす際には、FreeBSD では /etc/rc.conf に設定があれば、

    # /etc/rc.d/ipfilter start

で動作します。ルールセットを書き換えて、それを既に動作している ipfilter に反映させたい場合には、

    # /etc/rc.d/ipfilter reload

とします。

もし、他のOSなどで、こうしたスクリプトが用意されていない場合には、 以下のように行えば手動で起動できます。
    # ipf -Fa -f /etc/ipf.rules

設定が終ったら、再起動して、テスト して見てください。基本的には、 グローバル側に出て行き、コネクションが成立すれば大丈夫でしょう (例えば telnet で試す)。詳しくは、tcpdump や ethereal などで、 パケットを監視して見てください。



Noriyo Kanayama