next up previous contents
Next: 7.2 距離ベクトル型とRIP Up: 7.1 動的ルーティングプロトコルの概要 Previous: 7.1.1 内部、外部ルーティングプロトコル

7.1.2 ルーティングプロトコルのアルゴリズム

先に内部、外部という違いによるルーティングプロトコルの区別を紹介 しましたが、通常もう一つの区別の方法があります。それは、利用される アルゴリズムによる区別です。ルーティングプロトコルに用いられる アルゴリズムには大別して2つのものがあります。一つは、距離ベクトル型( Distance Vector Type) と呼ばれるものであり、今一つはリンク状態型(Link State Type)です。 RIP や BGP は 距離ベクトル型に分類され、IS-IS や OSPF はリンク状態型に分類され ます。以下では、距離ベクトル型についてまず説明をしましょう。



Noriyo Kanayama