next up previous contents
Next: 7.3.5.2 ripdのVTY Up: 7.3.5 VTYでの操作 Previous: 7.3.5 VTYでの操作

7.3.5.1 zebraのVTY

zebraに入るには以下のようにします。但し、パスワードを設定 しておかないと入れませんので、注意しましょう(zebra.conf.sampleには 設定されているので、それを zebra.conf にcopyして使えば良いでしょう)。 また、パスワードは各々のデーモンについて設定出来ます。

   # telnet  localhost zebra

ターミナルに入ると(VTYモード)、パスワードを聞かれるので設定した パスワードを入力すると以下のようになる。

# telnet localhost zebra
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.

Hello, this is zebra (version 0.93b).
Copyright 1996-2002 Kunihiro Ishiguro.

User Access Verification

Password: 
Router>

このモードは view モードと呼び、設定を確認したりするためのものである 。実際の設定には privilegedモード(特権モード)に移り、更に configモード(設定モード)に移る必要がある。また、更に詳細設定のために 各種の設定モードに移る必要のある時もある。簡単なhelp機能が常に使える ので、分からないときには ? を打てば良い。 更に、補間機能などもあるので、入力を補助してくれるようになっている。 以下で、少しVTYの使用例を見てみよう。

   > ?
  enable    Turn on privileged mode command
  exit      Exit current mode and down to previous mode
  help      Description of the interactive help system
  list      Print command list
  quit      Exit current mode and down to previous mode
  show      Show running system information
  terminal  Set terminal line parameters
  who       Display who is on vty

次に、show コマンドで何かを見てみよう。

   > show ?
  debugging  Zebra configuration
  history    Display the session command history
  interface  Interface status and configuration
  ip         IP information
  ipv6       IPv6 information
  memory     Memory statistics
  version    Displays zebra version
> show

オプションのあるコマンドでは、コマンドあるいはオプションの後ろで ? を入力すると、その簡易helpが表示される。更に、それらの オプションを途中まで入力してから TAB キーを押すと補間もしてくれる。

    > show ip ?
  forwarding  IP forwarding status
  route       IP routing table

以下に示されているのはzebraのルーティングテーブルで、それぞれ K がカーネルのテーブルから来たもの、C が接続されているインターフェース から取り込んだもの、S が zebraで静的に設定したもの、R,O,B が RIP,OSPF,BGPからもたらされたものである。

    > show ip route
Codes: K - kernel route, C - connected, S - static, R - RIP, O - OSPF,
       B - BGP, > - selected route, * - FIB route

S>* 0.0.0.0/0 [1/0] via 202.11.98.30, fxp0
C>* 202.11.97.16/28 is directly connected, fxp0
K>* 202.11.97.17/32 via 127.0.0.1, lo0
C>* 127.0.0.0/8 is directly connected, lo0

privileged(特権)モードに移るには、enable (en)と打ち、パスワードを 入力します。

    pc2f001-zebra> en
    Password: 
    pc2f001-zebra#

Zebraでは、現在メモリ中に保存されている設定と、ファイルに書かれた設定 とは異なります。最初に起動された時には、ファイルの設定をメモリに ロードしますが、その後VTYで設定された内容はメモリのみに存在します。 そこで、メモリにある設定をファイルに書き戻す命令が writeです。

    # write
    Configuration saved to /usr/local/etc/zebra/zebra.conf

一方、設定内容をメモリに反映されるコマンドは write terminal です。 write terminal を実行すると、現在のメモリ中の設定が表示されます。

これを確認したい時には、show running-configを使います。 また、起動したときの最初の設定(つまりはファイル)の表示コマンドは show startup-config です。

その他、VTY端末ではヒストリ機能などもあり、^P などで呼び出し、 編集して実行するなどtcshと同じような機能があります。



Noriyo Kanayama