next up previous contents
Next: 2.2.5.1 仮想端末プログラム Up: 2.2 TCP/IPの階層 Previous: 2.2.4 トランスポート層

2.2.5 アプリケーション層

階層概念的には、最後の一番上にある層がアプリケーション層ですが、 この層はTCP/IPで仕組みを提供しているのではなく、個々のアプリケーション に任されています。つまり、TCP/IPが提供するのはトランスポート層まで で、その後は直接アプリケーションプログラム自体にデータは渡され、 そのアプリの管轄となります。従って、アプリ間での通信のやり方 自身はアプリの独自の方法によって行われることになり、アプリ毎に 色々なプロトコルが存在します。ウェブのデータのやり取りは、HTTP (Hyper Text Transfer Protocol)というやり方で行われ、メイルの 配送は SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)によって行われます。 多くのアプリケーションプロトコルは簡単なものです。





Noriyo Kanayama