next up previous contents
Next: B.4 ソースからの追加 Up: B.3 パッケージの追加 Previous: B.3.1 pkg_info

B.3.2 pkg_delete

導入したパッケージを削除する場合に使用するのが pkg_delete である。 パッケージでは、別のパッケージを必要とする場合、これを依存関係と 言い、インストール時に自動的に依存関係にあるパッケージも導入して くれるのだが、削除時にはそのパッケージが依存関係を持つか否かを チェックするようになっているために、他から必要とされるパッケージを 誤って削除することがないようになっている(-f を付けると強制的に 削除するので注意が必要)。

    pkg_delete [-v] [-d] パッケージ名

他にも多くのオプションがあるが、主に良く使うのは、

-v
詳細表示
-d
空ディレクトリの削除
であろう。



Noriyo Kanayama