next up previous contents
Next: C.3 adduser コマンド Up: C. ユーザー管理 Previous: C.1 ユーザー登録

C.2 sysinstallでのユーザ登録

/stand/sysinstallでのユーザの管理は立ち上げ直後の画面で Configureを選択し、

\epsfile{file=sysinst1,scale=.8}

その後のUser Managementメニュー から行う事が出来る。

\epsfile{file=sysinst2,scale=.8}

ユーザ管理メニューでは二つのメニューがあり、

\epsfile{file=sysinst3,scale=.8}

グループ登録とユーザ登録が出来る。通常、先に必要なグループを作成し 、その後にユーザ登録を行う。

\epsfile{file=sysinst4,scale=.8}

ユーザ登録では、自動的にUID番号などは振られるが、その他の項目は 自分で入力しなければならない。特に、Groupは先にグループ登録で 作成したグループ名を入力する。Full name:は、後で説明するがいわゆる GCOSフィールドに使われるだけなので、識別出来れば良い。重要なのが、 Member groups: である。基本で所属するグループ以外に、別のグループにも 所属したい場合にのみ、ここに既存グループ名を指定する。特に、su コマンド などで管理者が一般ユーザから、スーパーユーザになりたい場合には、ここに wheel と入力しておけば良い。Home directory:はデフォルトのままで 良いだろう。一方、Login shell: はユーザの好みに変更すれば良い。 FreeBSDでは、C-shell は実際には tcshellと同じである。

\epsfile{file=sysinst5,scale=.8}



Noriyo Kanayama