next up previous contents
Next: E. パケットダンプ Up: D. 環境設定 Previous: D.3.2 ファイルシステムの異常

D.4 参考問題

演習 D.1   外部からログイン出来るように、telnetd を利用出来るようにしてみよう。

最初に現在 telnet サービスが利用出来ないことを確認しよう。

# telnet localhost
Trying ::1...
telnet: connect to address ::1: Connection refused
Trying 127.0.0.1...
telnet: connect to address 127.0.0.1: Connection refused
telnet: Unable to connect to remote host

演習 D.2   接続が拒否され、実際に動いていないことが確かめられたら、 まず、/etc/inetd.conf を編集し、以下のように telnet の先頭の # を削除する。

#ssh     stream  tcp     nowait  root    /usr/sbin/sshd          sshd -i -4
#ssh     stream  tcp6    nowait  root    /usr/sbin/sshd          sshd -i -6
telnet  stream  tcp     nowait  root    /usr/libexec/telnetd    telnetd

次に、/etc/rc.conf に以下の行を追加する。

inetd_enable="YES"        # Run the network daemon dispatcher (YES/NO).

以下のコマンドを実行して、

    # /etc/rc.d/inetd  start

今度はtelnet出来る事を確かめなさい。

p.s. ちなみに、実習では面倒なので telnetd を生かしておくと良いが、 実際の作業では ssh を用いる方がセキュリティ的に良いのは言うまでも ない。



Noriyo Kanayama