next up previous contents
Next: 2.3.1.1 CSMA/CD Up: 2.3 イーサネット Previous: 2.3 イーサネット

2.3.1 バス共有型

Ethernet(10Base) のバンド幅は、10Mbps(全二重では 20Mbps)ですが、 転送方式に、CSMA/CD (carrir-sense multiple access with collision detect) 方式を採用しているので、 全バンド幅の 50% 程度で飽和状態に達すると言われ ています。CSMA/CD 方式は、バス共有型のネットワークであり、10Mbps の バンド幅は共有されています。また、データ送信において衝突が検出 されれば、一定時間をおいて再びデータを送信するという方式をとっており、 言わばネットワークにつながった全てのマシン間での雑談方式とも言うべき 通信方法を取っています。そのために、全員が一度に話し始めると、 衝突が起こりやすくなり、結果として通信できなくなります。これが、先に 述べた飽和状態なわけです。これを改善するものとして最近使われるように なったものにスイッチング・ハブがあります。スイッチング・ハブは、 2点間の通信を他のポートに流さないようにするもので、Point to Point のネットワークなのですが、ブロードキャスト(放送)などは従来通り のバス共有型のネットワークと同じに扱うので、ネットワーク移行が 安易に出来る特徴がありますが、ある一つのサーバーに通信が集中している 場合などには効果がないので万能ではありません。





Noriyo Kanayama