next up previous contents
Next: I. メイリングリスト Up: H. POP, IMAP4 の導入 Previous: H.1 UW IMAP4 の導入

H.2 動作の確認

IMAP の動作確認についても、telnet で行います。まず、IMAP は標準では port 143 で動いていますので(TLS/SSLをサポートする場合には imaps と言う サービス名で port 993 で動作します)、以下のようにしてログインします。

% telnet localhost 143
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
* OK localhost IMAP4rev1 v12.264 server ready

上のようにメッセージが表示されたら、imapd が動いている事になります。

まず最初にユーザ名、パスワードを入力してログインします。

1 login testuser mypasswd

ここで、testuser がユーザ名、mypasswd がパスワードです。うまくログイン 出来ると以下の返事が返ってきます。

1 OK LOGIN complete

まずは、ホームのディレクトリを調べます。

2 list "" *
* LIST (\NoInferiors) "/" Trash
* LIST (\NoInferiors) "/" mbox
* LIST (\NoInferiors) NIL INBOX
2 OK LIST completed

Trash, mbox, INBOX の3つのフォルダ−があることが分かりますが、先に 説明したように mbox と INBOX は同じものです。 次に、INBOX を選択します。

3 select INBOX
* 2 EXISTS
* 2 RECENT
* OK [UIDVALIDITY 933326121] UID validity status
* OK [UIDNEXT 3] Predicted next UID
* FLAGS (\Answered \Flagged \Deleted \Draft \Seen)
* OK [PERMANENTFLAGS (\* \Answered \Flagged \Deleted \Draft \Seen)] Permanent flags
* OK [UNSEEN 1] first unseen message in /var/mail/testuser
a OK [READ-WRITE] SELECT completed

メイルがあるときには上のような返事が返ってきます。 この例の場合、2 通のメイルがあるので、1 番目のメイルを取り出してみましょう。

4 fetch 1 body[]
* 1 FETCH (BODY[] {480}
Received: from pc02.test.domain.jp
        by pc01.test.domain.jp (3.7W) id SAA00838
        for <testuser@test.domain.jp>;
        Fri, 30 Jul 2000 18:06:56 +0900 (JST)
        (envelope-from kanayama@test.domain.jp)
Date: Fri, 30 Jul 2000 18:06:56 +0900 (JST)
From: Noriyo Kanayama <kanayama@test.domain.jp>
Message-Id: <200007300906.SAA00838@pc02.test.domain.jp>
subject: test

this is a test.
)
* 1 FETCH (FLAGS (\Recent \Seen))
a OK FETCH completed

うまく動作している事が分かったら、ログアウトします。

5 logout
* BYE pc04 IMAP4rev1 server terminating connection
5 OK LOGOUT completed
Connection closed by foreign host.

IMAP のコマンドは複雑かつ多岐に渡るので、ここでは詳しくは説明しませんが、 この程度のテストがうまく動けば、まず間違いないでしょう。もし、適当な クライアントがあれば、更にそれを動かしてみてチェックしてみて下さい。

参考
IMAP4 に関する情報は、以下の所で入手出来ます。
http://www.imap.org/
http://www.orangesoft.co.jp/imap/index.html


Noriyo Kanayama