next up previous contents
Next: 2.3.2.1 10/100Base TP cat5 Up: 2.3 イーサネット Previous: 2.3.1.1 CSMA/CD

2.3.2 ケーブル

物理的には、 Ethernet で用いるケーブルは、10BASE5, 10BASE2, 10BASE T があり、前者の 2つは同軸ケーブルで、後者はツイストペア(電話線に使われるものとは、 芯線の数が違います)です。10BASE5 は、ホストとの接続にトランシーバー と呼ばれるものが必要で、ホストの増設には少し不便です。10BASE2 は、 各マシンを数珠つなぎにつないで行きますので、接続は簡単ですが、接続時に ネットワークを落とさなければならないという欠点があります(短時間に繋げば、 大丈夫だったりしますが)。 また、10BASE5と 10BASE2 の違いは、物理的には芯線の太さが違いますが、 現実的には、物理的最大長が違います(10BASE5 は 500m 、10BASE2 は 150m)。 これを超える場合はリピーターが必要になります。 10BASE5 と 10BASE2 の選択基準は規模で判断すれば良いでしょう。コスト 的には 10BASE2 が3つのケーブリングの中ではもっとも安価で、工具 さえあればすぐに自作出来(但し、半田つけはやめましょう)、 規格を守ればケーブルも安価なものが入手出来ます。 規模的に、10BASE5 が必要なサイトでも、マルチポートハブを 導入することで、10BASE5 に 10BASE2 をつなぐ事が出来ますが、10BASE5 と 2 は既存の所は別にして今更使う意味はないでしょう。

一方、ツイストペアケーブルによる接続では、ハブが必ず必要です。近年、 このハブの値段も下がって来たので、小さなネットワークではこれが主流になり つつあります。また、ケーブルも安く販売されていますし、工具があれば自作する 事も簡単です。10BASE2 との価格差はハブだけだと言っていいでしょう。 ツイストペアケーブルによる接続の大きな利点は、ホストの増設が簡単な点と スイッチング・ハブによるバンド幅の確保や、100BASE や Gigabit Ether などへの アップグレードが容易な点にあります。 ツイストペアによる接続では、ネットワークをダウンさせることなく、 ハブのポートがあればツイストペアの 接続(電話線のプラグと同じ)だけで物理的接続は終わります。ハブ間の接続には 通常10BASE5 又は 10BASE2 を使いますが、ハブとハブを繋ぐことも可能です。この 場合は、送信と受信の線がクロスした通称クロスケーブル(リバースケーブル) を使用します。ハブによっては、あらかじめ内部的に結線を入れ替えたポートを 用意しているものもあります。しかし、その際においても物理的総延長を越える ことは出来ませんし、規格上はハブは1セグメントに4つまでです。従って、 これを越える場合には注意が必要です(もちろん、これ以上接続してはならない 訳ではなく、保証されていないだけです)。ルータを入れている場合は、 この限りではありませんし 、後述するスイッチングハブならばやはりこうした問題はありません(とは言え、 カスケード接続に制限がない訳ではありませんが、台数という形では決められて おらず、各スイッチの性能の総和で段数は制限されます)。

いずれにしても、各自のサイトの規模、 および将来的な拡張を充分考慮して、ケーブリングを考える必要があります。





Noriyo Kanayama