next up previous contents
Next: 2.4.2 ブリッジ Up: 2.4 ネットワーク装置 Previous: 2.4 ネットワーク装置

2.4.1 リピータ

物理層で信号を複製し、一か所で受けた信号を他方に流す装置一般を リピータと呼びます。その役割は、到達距離の物理的な延長にありますが、 物理層での複製なので、雑音などもそのまま増幅する点に注意が必要です。 単純な増幅装置として使われる場合は、例えば、100BaseTX を延長する ために、100BaseFX に一旦変換するなどの場合に利用されます。 また、スイッチングハブでない、いわゆるばかハブは実際にはリピータハブです。



Noriyo Kanayama