next up previous contents
Next: 2.6.1 ポート番号 Up: 2. TCP/IP ネットワークとその管理 Previous: 2.5.2.1 サブネット

2.6 ネットワーク・ドメイン

複数のホストからなるネットワークの管理上の領域を、ドメインと 呼びます(詳しくは、DNS の章で学びます)。 ドメイン名は、UNIXのファイル名と同じく、階層的な構造を持っています。 UNIXのファイル名と異なるのは、その句切り記号が、/(スラッシュ)ではなく .(ピリオド)であることと、最上位のドメインが、名前の一番右側に来ると いうことです。 次のものは、ドメイン名のサンプルですが、近年名前の割り当て規則は 雑多なものがあり、一概には言えませんが、基本的には 汎用JPドメイン名、属性型JPドメイン、地域型JPドメイン名などがあります。 (詳しくは、 http://jprs.jp/info/jp-dom/ などを参照してください。)

属性型は以下のような従来の組織種別ごとの区分です。

wakhok.ac.jp # jp は、japan, ac は、学術機関
nic.ad.jp # ad は JPNIC会員
riken.go.jp # go は、政府機関
ricoh.co.jp # co は、一般企業etc
tokyo.or.jp # or は、法人等etc
wakkanai.ne.jp # ne は、ネットワーク組織
koukou.ed.jp # ed は、小中高向け
hogehoge.gr.jp # gr は、任意団体
hoge.lg.jp # lg は、地方公共団体など
(JPNICは技術解説や紛争解決を担当し、ドメインの割り当てなどは JPRS (jprs.jp)が担当しています。)

一方、地域型は都道府県市町村名で構成されるドメインです。

hokkaido.jp # 地域ドメイン

ネットワークに接続しない場合は適当にドメインを決めても構いませんが、 将来的にネットワークに接続するときに問題になったりするので、なるべく 標準的な名前を付けておいたほうが、後々のためには面倒がありません。

実は、NIS (Network Information Service) やNT,win2000でもドメインという用語を 使いますが、このドメイン名と DNS のドメイン名とは無関係ですので、 間違わないようにしないといけません。区別をはっきりさせるために、ここでは NIS のドメインを NIS ドメインと呼び、NTのドメインをNTドメインと呼ぶ事にします。 自ホストのドメイン名(FQDN)は、/etc/hosts でローカルに決定される場合と、 DNS からの情報を元に決定される場合とがあります。 一方、NIS ドメイン名は、 FreeBSDでは /etc/rc.conf で定義され、 boot 時に domainname コマンドで設定されます。 domainname を引数なしで動かすと、現在の設定が表示されます ( root で、domainname の引数に NIS ドメインを指定 することで、NIS ドメイン名を変更することも出来ます)。 しかし、FreeBSD では、domainname コマンドでNISドメイン名を設定することと、 NISシステムを動かすこととは無関係なので、管理の都合上しばしば DNSのドメイン名を設定してある場合もありますので、注意が必要です。





Noriyo Kanayama