next up previous contents
Next: 4.2.1.5 CIDRに対する逆引きのゾーン情報 Up: 4.2.1 プライマリゾーンサーバ Previous: 4.2.1.3 ゾーン情報

4.2.1.4 逆引きのゾーン情報

$TTL  86400
@   IN   SOA   dns.summer00.wakhok.ac.jp.  admin.summer00.wakhok.ac.jp. (
    2004080601    ;  Serial
    10800         ;  Refresh after 3 hours
    3600          ;   Retry after 1 hours
    604800        ;   Expire after 1week
    86400 )       ;  Minimum TTL of 1day
             IN    NS    dns.summer.wakhok.ac.jp.
             IN    NS    dns2.summer.wakhok.ac.jp.
17           IN    PTR   dns.summer.wakhok.ac.jp.
18           IN    PTR   dns2.summer.wakhok.ac.jp.
19           IN    PTR   mail.summer.wakhok.ac.jp.
20           IN    PTR   www.summer.wakhok.ac.jp.

逆引きの場合にはIPアドレスに対してホスト名を指定するが、この場合に 使うのが PTR(domain name PoinTR) レコードである。 ここで、第一フィールドの指定に省略記法 が使われている点に注意しなければならない。ここでは、 カレントオリジン(起点名)が97.11.202.in-addr.arpa. であるので、97.11.202.in-addr.arpa. が省略されている。 従って、17.97.11.202. のように誤って書かないように留意しな ければならない。同時に、第4フィールドには絶対指定のFQDNを書いて 点にも注意しなければならない。 (実は起点名は本当は 16-31.97.11.202.in-addr.arpa.となっている。 このからくりは次の節で解説する。)

localhost に対する逆引きのゾーンファイルも同様に記述すれば良い。

$TTL  86400
@   IN   SOA   dns.summer00.wakhok.ac.jp.  admin.summer00.wakhok.ac.jp.  (
    2004080601    ;  Serial
    10800         ;  Refresh after 3 hours
    3600          ;  Retry after 1 hours
    604800        ;  Expire after 1week
    86400 )       ;  Minimum TTL of 1day
             IN    NS    dns.summer00.wakhok.ac.jp.
             IN    NS    dns2.summer00.wakhok.ac.jp.
1            IN    PTR   localhost.summer.wakhok.ac.jp.

但し、localhost.rev については、 BINDのパッケージににmake-localhostという スクリプトが用意されているので、/etc/hosts に自ホストが登録されていれ ば、sh make-localhost でlocalhost.revは自動生成してくれる。



Noriyo Kanayama