next up previous contents
Next: 5.4 起動とテスト Up: 5.3 メイル環境の設計 Previous: 5.3.2 Other Setting

5.3.3 設定のチェック

Postfix では設定にタイプミスなどがあっても、そのまま起動してしまうので、 設定には注意がいるが、postconf コマンドで現在の設定(デフォルト設定を含む) を表示してくれるので、必ず自分で設定した項目に問題がないかどうかを チェックしなければならない。

/usr/local/sbin/postconf | more

デフォルトも含めて全て出力されるので、ファイルにリダイレクトしても良い。 デフォルト以外のパラメータのみを出力したい場合には、

/usr/local/sbin/postconf -n | more

とすれば良い。



Noriyo Kanayama