WWW

今では「インターネットを見る」という俗な表現が通用する程、インターネットの爆発的な普及に貢献したインターネットの一サービス。正式にはWorld Wide Web   。WWWの読み方はスリーダブリュとかWebウェッブ)とか呼ばれている。インターネット上の異なる場所にあるページを結ぶハイパーリンクという仕組みでできているハイパーテキストを送受信するサービス。
WWWのサービスを送受信するためのインターネットのプロトコル(通信手順)がhttpプロトコル
WWWのドキュメント(文書)を記述する「言語」がHTML(Hyper Text Markup Language) 
通常「ホームページ」と呼ばれているが、ホームページの本来の意味はブラウザに表示される最初のページのことなので、これからはWWWのページまたはWebのページと呼びたい。

WWWサーバー

WWWのコンテンツ(中身のこと、つまりはWebページ)を発信するコンピュータのこと。

Webブラウザー

Webのページを閲覧するためのソフトウェア。NCSAで開発されたMosaicというブラウザのヒットによりインターネットがブレイクした。

本学の実習PCにインストールされているWebブラウザー