インターネット論I/インターネット・リテラシー I
 
 

デスクトップ環境のカスタマイズ



 

WindowsXPの個人設定

Windows2000の使い方に慣れてくると、だんだんと細かい設定を自分の好みに合わせて変更したくなってきます。たとえば、いろいろなソフトをメニューをいちいちたどらなくてもすぐに起動したい、画面の背景を変えたいなどが考えられます。

 このようなWindows2000の一般的な操作に関するさまざまな設定を、よく「環境」とか、「デスクトップ環境」という言葉で表します。また、この設定をユーザが自分に合わせて変更することを、カスタマイズと言います。

 Windows2000では、このようなデスクトップ環境ををある程度までユーザがカスタマイズできます。ただし、家庭などで一人で使 用するパソコンならどのように変更をしても問題ありませんが、この実習室のように何人もの利用者が同じコンピュータを利用する可能性のある場合、あるユー ザが変更した設定が、他のユーザにも影響すると不便です。

 そこで、この実習室のマシンは、最初に入力されたユーザ名とパスワードに応じて、そのユーザ個人の環境を保存できるように設定してあります。

この個人用に変更された環境の設定を、Windows2000では「ユーザー・プロファイル」という用語で表します。北星学園大学の実習室では、このプロファイルをそれぞれのマシン上に置くのではなく、ネットワークを通して接続されたサーバマシンという特別なマシンに保存するようになっています。これをWindows2000の移動プロファイルと呼ぶことになっています。この移動プロファイルにより、あるマシンで設定した個人環境が、別のマシンを使うときにも引き継がれるのです。
 

Netscapeの個人設定

Netscapeの個人環境の設定は上記のWindows2000のユーザー・プロファイルとは別の方法で実現しています。
Netscapeの個人環境(メール等の設定やBookmarkなど)の置き場所を標準のものから変更して、

    Z:\.mozilla\win\3w4dmlo2.slt
   (Z:ドライブの中の  .mozilla  フォルダの中の win  フォルダの中の  3w4dmlo2.slt  フォルダ中)

個々のマシンから見たら同じ名前の場所だが、サーバー上ではユーザーのホームディレクトリの中に納まるように設定されています。
 

「マイコンピュータ」の見方

ここで、ちょっとWindowsの画面、つまりデスクトップの一番左上にある「マイコンピュータ」というアイコンをダブルクリックしてみましょう。する と、次のようなウィンドウが表示されるはずです。このウィンドウの様子は、そのコンピュータに何台のハードディスクが接続されているか、またそのコン ピュータがネットワークにつながっているかどうかなどによって違ってきますが、2階実習室の場合を例にとって説明します。
 
 


 
 
 
 

それぞれのアイコンのうち、A:からZ:までのアルファベットが書かれているものは、いろいろな種類のディスクドライブ、つまりシステムが使用するさまざまなファイルや、皆さんの作った文書や画像など、さまざまなデータを置くことのできる場所です。

通常は、簡単に、「Aドライブ」、「Cドライブ」などと言ったりするようです。コンピュータにもいろいろな機種がありますが、この実習室で使われて いるような最近のWindowsマシン(DOS/Vマシンとか、AT互換機などという言い方をします)の場合、Aドライブはフロッピーディスクになりま す。また、Cドライブはコンピュータに内蔵されているハードディスクで、Windowsのシステムが主に使用する場所になります。

この他は、それぞれのコンピュータによって違ってくる場合が多いですが、このコンピュータの例では、D、Fドライブはシステムが一時的にいろいろな データを置く作業場所として使われます。また、EドライブはDVD-RAMドライブ、FドライブはCD-ROMドライブになっています。

それから間が飛んで、Zドライブがあります。これらは、CドライブやDドライブと似たアイコンで表示されていますが、なにやらドライブのアイコンの 下に線がつながって表示されています。これは、このドライブはネットワーク経由で接続されており、実際には別のコンピュータ上にあることを表しています。 この「別のコンピュータ」というのが、最初に説明したサーバマシンのことです。このシステムで使用されているサーバマシンは、Ultra03から Ultra10の8台です。この例では、Ultra06がサーバになっています。

一方、Zドライブは、利用者の一人一人に個人的に割り当てられた領域です。上の例はmommaというユーザの例ですが、サーバUltra06上に ユーザ名と同じmomma$という場所が用意してあり、そこがログオンすると自動的に個人用のデータの置き場所として使用されるわけです。

先に説明した個人環境の設定(プロファイル)も、このZドライブに記憶されることになるのです。ただし、1台で独立したコンピュータを使用している場合など、ネットワークをそもそも使っていなければ個人の設定もCドライブに記憶されることになります。
 

 それでは、デスクトップ環境のいくつかの項目について、どのようなカスタマイズが可能なのか見てみましょう。
 

フォルダの表示方法を変更する

Windows2000のフォルダ(ディレクトリ)やファイルの表示方法は標準では本学の教育には適しません。
そこで以下のように変更してください。
  1. マイコンピュータをダブルクリックして開く
  2. ツールメニューのフォルダオプションを選ぶ
  3. 「フォルダオプション」ウィンドウの「表示」の設定内容を以下のように変更する。
  4. 「現在のフォルダ設定使用」ボタンを押す。
  5. 「適用」ボタンを押す

デスクトップの「プロパティ」メニューを使う

デスクトップの、背景の部分にマウスのカーソルを持っていって、右ボタンをクリックしてみます。すると、次のようなメニューが表示されます。

 この中の一番下にある「プロパティ」という項目を選んでみましょう。 「プロパティ」とは、「性質」という意味の言葉で、コンピュータ用語としては、ある物に対して設定できるさまざまな項目をまとめてプロパティとよぶことがよくあります。 すると、次のようなウィンドウが現れて、画面に関するいくつかの設定を行うことができるようになります。


 
 
 
 
 

背景
Windows2000の元の状態では、背景は味気ないものなので、これを少し自分の好みに合わせて変更してみます。
 

壁紙
 「壁紙」の機能を利用すると、デスクトップの背景に好きな画像を表示できます。選びかたは、リストから使ってみたいものの名前を選びます。現在のリスト以外から壁紙を選びたいときには「参照」ボタンを押して壁紙にしたい画像ファイルの
置かれているフォルダへ移動して画像ファイルを選びます。
「模様」ボタンではいくつかの模様が選べます。「表示位置」は「全体」と「中央」を選択できます。
ただしサンプルが縮小された表示になるので、どんな柄かわかりにくくなっています。適用」ボタンを押して実際の画面に表示して確かめるのがいいでしょう。

実習室のコンピュータには、壁紙は数種類しか入れていません。そこで、インターネット等から入手した壁紙の設定方法を説明します。
 

  1. Netscape Navigatorで壁紙にしたい画像のあるページを探し表示する。

  2. (但し、実際には「著作権」の問題があるのでその画像の作者が再利用を認めているものでないといけません)
  3. その画像の上でマウスを右クリックするとメニューが出てくるので「画像を名前を付けて保存」を選ぶ。
  4. 「名前を付けて保存」ウィンドウが出るので、その中で「保存する場所」の枠の右側に付いている逆三角形のボタンを左クリックしてz:ドライブを選ぶ。
  5. 中の一覧からwwwフォルダをダブルクリックする。
  6. 図のように「新しいフォルダの作成」ボタンを押す。
  7. 図のように「新しいフォルダ」が青で反転表示されているので(マウスでその文字をドラッグしても反転表示になります)例えば wallpapers というフォルダ名を書きます。

  8. wallpapersフォルダをダブルクリックしてそのフォルダに移動してから「保存」ボタンを押す。
    (以上でNetscapeでの壁紙の準備は終わり)
    (Webで入手した画像データはたいてい拡張子が.jpg .gif .png タイプのもので、現在のWindows2000/NTの設定ではファイル拡張子が .bmp のタイプの画像データしか壁紙にでき
    ないので画像フォーマットの変換が必要になる。)
  9. Windows2000の「スタート]メニュー->「プログラム」->「アクセサリー」->「ペイント」を起動
  10. 「ファイル」->「開く」で先ほどの「名前を付けて保存」の操作方法と同様の操作で

  11. z:ドライブのwwwフォルダのwallpapersフォルダの中から先ほど保存した画像ファイルを選ぶ。
  12. 「ファイル」->「名前を付けて保存」で「名前を付けて保存」ウィンドウが出るので

  13. 「ファイルの種類」を「24ビット ビットマップ(.bmp .dib)」に変えて「保存」する。
    (以上で「ペイント」の作業は終わり)
  14. Windows2000の「画面のプロパティ」の「背景」で「参照」ボタンを押す。
  15. 「ファイルを開く」ウィンドウが出るので、「名前を付けて保存」の操作方法と同様の操作で

  16. z:ドライブのwwwフォルダのwallpapersフォルダの中から先ほど保存した画像ファイルを選ぶ。
  17. 「壁紙」のリストにその画像ファイルが追加されるので、「適用」ボタンを押す。
Netscapeで画像上で右クリックすると出るメニューの中に「壁紙に設定」があるが、本学の実習室のWindows2000
ではこの機能は絶対に使わないこと。
(この機能ではそのコンピュータに共通の壁紙になってしまい他人に迷惑をかけます。)

デザイン
 
 

 Windowsのさまざまな部分で表示される色や、文字(フォント)の設定ができます。「配色」全体に使われる色とフォントの組み合わ せを選び、「指定する部分」を細かく選んでその部分のサイズ、色、その部分で使用されるフォントを調整することで、自分好みのデスクトップ環境を作ること ができます。

ただし、極端に小さな文字を使用するとメニューやボタンが読めなくなって後で元にもどせなくなったり、逆に大きすぎる文字を使ってしまうと画面にウィンドウが収まらなくなって操作ができなくなったりしますので気をつけてください。
 



以上見てきた何項目かの設定は、移動プロファイルに記憶され、次回ユーザ名とパスワードを入れてマシンを使いはじめると、今行った設定が再び呼び出されて使用されます。


今回の「実習課題」

問1:

「マイコンピュータ」の「ツール」メニューから「フォルダオプション」を選び「表示」の設定を変更しなさい。

問2:

各人の壁紙の設定をしなさい。

例えば
YahooJapanで,

 芸術と人文 > 視覚芸術、ビジュアルアート > コンピュータ > 壁紙

 コンピュータとインターネット > インターネット > WWW > ホームページ作成 > グラフィックス、素材 > 背景

などから探すとよいかもしれない。

私(坂本)は

NASAの Pictures of Space から壁紙を得た。
 
 

問3:

実習室のどのWindows2000マシンにログオンしてもユーザーの個人環境が同じになる理由、
またどのマシンでもNetscapeが個人の設定になっている理由を教材を読んで100字~500字程度で説明しなさい。
i-literacy 宛てに [IL] Windows2000/Netscapeの個人環境 という件名でメールで提出しなさい。
 

問4:

Windows2000でデスクトップを自分の好みに合わせてカスタマイズしてみなさい。