IPアドレスとインターネット


IPアドレス

ネットワーク、インターネットに接続されているコンピュータはお互いをどのようにして識別しているのでしょうか?IP(Internet Protocol)アドレスと呼ばれる番号が世界中で重複の無いように割り当てられています。例えば本学のwwwサーバーwww.wakhok.ac.jp.は外から見たら

202.11.100.3

というIPアドレスを持っています。
IPアドレスは実際は32bit(4byte)のデータで,通常1byte(バイト)(=8bit)ずつ10進数表記します。
32ビットとは2進数で32桁の数です。

上のIPアドレスを2進数表記すると

11010010 00001011 1100100 00000011

です。先頭の202は

202=1x27+1x26+0x25+1x24+0x23+0x22+1x21+0x20

という関係で10進数<->2進数の変換が出来ます。
(変換方法の詳細は講義で教えます。)

本学がJPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)http://www.nic.ad.jp/
という日本のIPアドレスを管理する団体から割り当てられているIPアドレスは以下の通り。

202.11.96.0〜202.11.96.255
202.11.97.0〜202.11.97.255
202.11.98.0〜202.11.98.255
202.11.99.0〜202.11.99.255
202.11.100.0〜202.11.100.255
202.11.101.0〜202.11.101.255
202.11.102.0〜202.11.102.255
202.11.103.0〜202.11.103.255

(略して202.11.96.*〜202.11.103.*)
 

プライベート(IP)アドレス

現状の世界中のネットワークに接続された機器を識別するにはIPアドレスは枯渇している。
そこで次世代のIPアドレスIPv6(Version6)が提起されているが、それに移行するまでの間は
プライベート(IP)アドレスというものでIPアドレスの枯渇を切り抜けようとしている。
それは、ネットワークをインターネットと分離できるローカルエリアネットワーク(LAN)内部で
IPアドレスが外部に出て行かない限りは

10.0.0.0〜10.255.255.255
172.16.0.0〜172.31.255.255
192.168.0.0〜192.168.255.255

を自由に使用しても良いというもので、本学では

10.0.0.0〜10.255.255.255

プライベート(IP)アドレスを利用している。
プライベート(IP)アドレスに対して通常のIPアドレスをグローバル(IP)アドレスとも呼びます。
プライベート(IP)アドレスを利用してもインターネットの利用に困らないため、IPマスカレードNATという技術を利用してプライベートアドレスをグローバルアドレスに変換してインターネットに流しています。
 

IPアドレスを調べる方法

ネットワーク経路を調べる方法

Windows2000/NTのコマンドプロンプトでは

tracert ドメイン名またはIPアドレス

Linuxでは

/usr/sbin/traceroute ドメイン名またはIPアドレス

で相手までのネットワーク経路を調べることが出来る。途中経由するルータ等のネットワーク機器のドメイン名またはIPアドレスが表示されるので相手がインターネット上でどれほど遠いかがわかるだろう。


今回の「実習課題」


問1:

現在使っているPCのIPアドレスを調べなさい。
また、それをbit表示で表しなさい。
i-literacy 宛てに [IL] IPアドレス という件名でメールで提出しなさい。

問2:

第4回実習課題で調べたドメイン名から適当に5箇所取り出してそれらのIPアドレスを調べなさい。
また、それをbit表示で表しなさい。
i-literacy 宛てに [IL] IPアドレス2 という件名でメールで提出しなさい。

問3:

第4回実習課題で調べたドメイン名から適当に2箇所取り出してそれらのネットワーク経路
を調べなさい

i-literacy 宛てに [IL] traceroute という件名でメールで提出しなさい。