写真加工する


撮影した写真を確認してみる。


「プログラム」−「マルティメディア」−「Pain Shop Pro 6」->Pain Shop Pro 6

 を選んで、絵や写真を加工するツールを起動します。
 

 次に、保存したファイルを選びます。その際、ファイルのある場所を指定する方法が、少々面倒かもしれませんが、今までに行った方法を、よく思い出してください。
 次のように、まず、ファイルから、「開く」を選びます。

 次に、自分のデータを入れてある、「Zドライブ」を選びます。
 

さらに、その中の、「www」フォルダに移動し、そこで、一番下の「ファイルの種類」メニューで、右三角を押し、「すべてのファイル」を選びます。

 すると、そこで、表示されたなかに、「face1.dib」があると思いますので、これを指定して開きます。
 


 


dib形式の画像ファイルをjpeg形式に変換して保存する

キャプチャーツール VidCap で保存した画像ファイルは dib 形式のものですが、これはwwwで利用できる画像フォーマットではありませんので、wwwで利用できる  JPEG 形式のものに変換しましょう。
wwwブラウザで直接見ることができる主な画像フォーマット GIF形式(またはPNG形式)とJPEG形式ですが、
写真のような画像に適しているのはJPEG形式の方です。

 「ファイル」メニューから、「名前をつけて保存 」を選びます。

そこで、一番下の「ファイルの種類」メニューで、「JPEG - JFIF準拠(*.jpg,*.jif,*.jpeg) 」を選んでから
face1.jpgと言う名でZ:ドライブのwwwフォルダに「保存」を選んでください。